税務関係

【確定申告】LUC888の確定申告はこれだけでOK!税理士が徹底解説!

スポンサーリンク

近年、eSportsへの関心が高まり、多くの方が気軽に参加する環境になってきました。

その中でも今回はオンラインでバカラを行う「LUC888」の税金について解説します。

こんな方におすすめ

  • LUC888で儲けが出ており、どうすればいいか悩んでいる
  • LUC888の所得区分が気になる
  • LUC888の確定申告方法について知りたい

そもそもLUC888とは?

オンラインでバカラを楽しむサイト

この記事を読む方は実際にLUC888で遊んでいる方が大多数だと思いますので、そもそもプレーしていない私が解説するのも変な話ですが…

LUC888はオンラインでバカラを楽しむことができるサイトです。

最近はRIZINに広告を出すなど知名度も上がってきているようです。

オンラインカジノではなく、あくまで「e-Sports」

オンラインでバカラをやる、と聞くと「オンラインカジノでは?」と多くの方が考えると思います。

しかし、LUC888はあくまで「e-Sports」というゲームであるという整理になっています。

オンラインカジノはオンラインでチップを稼いでお金を儲けることを主目的にしています。

一方でLUC888はあくまでゲーム内でチップを稼ぐことを競うことを主目的にしています。

この目的の違いからLUC888があくまでe-Sportsである、と整理されています。

e-Sportsでなぜ税金の話が出てくるのか?

ゲーム内で完結していれば問題なし、ただし「RMT」した場合に税金が発生!

LUC888はあくまでe-Sportsですので、ゲーム内でチップをどれだけ稼ごうが損をしようが、実際のお金は基本的に変動しません。

では何故税金の話が出てくるのか?それは「RMT」が関係しています。

RMTとはリアルマネートレーディングの略称です。

これは、オンラインゲームやスマホゲームのアカウントやゲーム内アイテムなどを実際のお金を使って売買することを言います。

実際のお金が動きますので、儲かっていれば税金がかかる、ということになります。

GC(=ゲームチップ)の換金方法は?

LUC888内ではGC(=ゲームチップ)を稼ぐことで競うことになっています。

そして、このGCはインターネット上で売買が可能です。

例えば、「Ge-ni」というサイトでは以下のようにLUC888のGCが売買されています。

参考サイト:Ge-ni

ここでGCが売れると換金完了ということになります。

RMTの税金はどうなっているのか?

RMTの換金に関する所得は「雑所得」!

LUC888を含めRMTに関する税区分は「雑所得」なのか「一時所得」なのか、税理士でも見解が分かれます。

ギャンブルに近いだろう、と判断すると競馬や競艇の申告と同じように「一時所得」になります。

一方で、あくまでゲームアイテムの換金だろう、と判断すると「雑所得」になります。

しかし、RMTはあくまでゲーム内のアイテムの換金ですので、ゲームの内容がギャンブルに近いといったことは本来関係ありません。

そのため、RMTに関する税区分は「雑所得」にするべきです。

雑所得の計算方法

雑所得は以下のように計算します。

総収入金額 - 必要経費

このうち、「総収入金額」はRMTで換金した後の金額が入ります。

一方で「必要経費」についてはLUC888では「GCを取得するのに要した金額」ということになります。

前述したRMTの取引サイトでGCを購入した際に、実際のお金で支払った金額が必要経費ということになります。

計算結果が20万円以下であれば確定申告不要!

あくまで給与所得者であって他に所得がないことが前提ですが、雑所得として計算した結果が20万円以下であれば確定申告は不要です。

少し儲かったくらいでは申告は不要ですが、RMTで多額を換金した場合は申告が必要になります。

そもそも申告しなくてもバレないんじゃない?

ほぼ100%バレます。多額の罰金も科せられます。

オンラインカジノやLUC888などの申告の相談を受けると多くの方が

「実際申告しなくてもバレないでしょ?」

「周りの人みんな申告してないらしいよ?」

とおっしゃいます。

結論から申し上げると、無申告はほぼ100%バレます

バレる上に、罰金もあります

結構儲かっちゃったな…税金払いたくないから申告しなくていいや!と無申告でいると、ほぼ100%税務署からお尋ねが来ます。

何故かといいますと、税務署は国民の口座情報を閲覧する権限を持っているからです。

LUC888内のみで完結していれば実際のお金の動きはありませんので、税務上の問題は全くなく、税務署も関知しません。

しかし、RMTによって換金すると、「この人の口座には多額の入金があったぞ」と税務署が察知します。

そして、確定申告の時期が過ぎても申告がないと「この人多額の入金があったのに申告してないぞ?」とお尋ねがきます。

また、意図的に所得を隠したと判定されると「重加算税」という非常に重い罰金が科されます。

もう一度言います。無申告は絶対にバレます。正しく申告するようにしましょう。

まとめ

  • LUC888はあくまでe-Sports
  • GCをRMTで換金した時点で所得発生
  • RMTの換金に関する所得は「雑所得」
  • 無申告は絶対にバレるので必ず申告を

軽い気持ちで始めてうっかり儲かってしまってから税金のことが心配になる方が多いと思います。

ゲームとはいえ、実際にお金が発生すると税金は必ずついてきます。

正しく申告して、気持ちよくゲームをプレーするようにしましょう。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

hiroya

公認会計士・税理士・行政書士。慶應義塾大学在学中に公認会計士試験に合格し、有限責任監査法人トーマツへ入社。その後、2017年独立・開業。「公認会計士・税理士をより身近に」をコンセプトに情報発信を行い、SNSを通じて多くの相談に応じている。

-税務関係
-,

© 2022 Hiroya Blog Powered by AFFINGER5